ビジネス

快適なフライトを楽しみたい!飛行機内で使う首枕のおすすめ3選

快適なフライトを楽しみたい!飛行機内で使う首枕のおすすめ3選

飛行機に長時間乗ると首や肩が痛くなることがありますよね。
ですが、飛行機内での不調は首枕を使うことで解消できる可能性があります。

首枕には様々な種類があるので、携帯性使い心地などを総合的に考えて選ぶ必要があるでしょう。

商社マンの憂鬱
商社マンの憂鬱
そこで、今回は飛行機内での使用におすすめの首枕を紹介します。

 

商社マン必携クレカ

楽天カードが人気なのは次の理由からです。

  1. 年会費が永年無料
  2. 楽天スーパーポイントが貯まりやすい
  3. セキュリティ面での安心感
  4. ポイントの使い道が豊富

特筆すべきは「楽天スーパーポイント」の貯めやすさと獲得したポイントの用途の多さです。
お買い物の際に現金とほぼ同じ価値で使えるのは非常に大きなメリットです。
ポイントを投資にも利用できるようになり、資産形成も可能です。
また、セキュリティ面でもしもに備えてあらゆるサービスが整っています。
利用するうえで安心感が違いますね!

楽天カード新規入会キャンペーン

飛行機では首枕を使うのがおすすめ

飛行機で首枕を使用している方を見かけることがあります。

飛行機内には持ち込める荷物の量が決まっているので、荷物になる首枕を持ち運ぶのは面倒という方もいるかもしれません。
しかし、快適なフライトを楽しむためには首枕を上手に使うのがおすすめです。

首枕を使うと座ったままでも寝やすい

座ったままの状態ではなかなか熟睡できない場合が多いです。
しかし、長時間飛行機に乗る場合に睡眠不足になると体調を壊す可能性があります。

また、座ったまま寝ると頭が下がって首に負担がかかり、肩こり、首こりの原因になってしまいます。

座ったままでも快適に眠るためには、首枕を上手に使う必要があるのです。

首枕を使うと首や肩を傷めにくい

頭の重さは想像以上に重く、一般的に5キロ程度あると言われています。

長時間飛行機に乗っていると、姿勢が崩れ、首や肩が痛くなってしまいます。
そこで、飛行機の中で首枕を使えば頭の重さが良い感じで分散されます。

首や肩に不調を感じやすいという方は、首枕を持っておくと良いでしょう。

 

出張の際の便利グッズはこちらをご覧ください!

出張に便利なグッズを調査!【2020年版】
出張に便利なグッズを調査!【2020年版】今回は出張の際に役に立つ便利なグッズを調査しました。 移動の飛行機や新幹線、電車などで役に立つ商品ばかりです。 3D 立体 ...

飛行機内で使う首枕のタイプ

首枕は大きく分けてクッションタイプのものと空気を入れるタイプのものがあります。
それぞれにメリット、デメリットがあるので、自分に合う方を選択しましょう。

持ち運びやすさを重視するのであれば空気を入れるタイプ、安定感、使い心地にこだわるのであればクッションタイプが良いでしょう。

クッションタイプの首枕

クッションタイプの首枕は肌触りや質感がとても良いのが特徴です。

肩や首に負担がかかりにくいので、ゆっくり休むことができます。
安定感のある首枕が良いという方にはクッションタイプがおすすめです。

しかし、少々かさばるというデメリットがあるので飛行機内に持ち込む際は容量を確認しておく必要があります。
折りたたみ可能なものもあるので、クッションタイプの首枕を飛行機内に持ち込みたい場合は小さくなるものを選ぶ必要があります。

また、クッションタイプの首枕は重さがあるため荷物の重量にも注意しなければなりません。

飛行機での移動時間が長い方やなかなか寝付けずに悩んでいる方は、クッションタイプの首枕を検討してみるのが良いでしょう。

空気を入れるタイプの首枕

空気を入れるタイプの首枕は持ち運びに便利というのが最大のメリットです。

重さが軽いですし、空気を入れずに持ち運べばコンパクトに収納できます。
飛行機内への持ち込み荷物がぎりぎりという方は、空気を入れるタイプの首枕を選ぶと良いでしょう。

しかし、肌触りや使い心地はクッションタイプには劣ります。
また、安定感があまりないので首に合わない場合は逆に疲れてしまう可能性もあります。

空気の入れ具合を微調整すると使いやすい首枕になる場合もあります。
自分好みの硬さに調節したい場合は、空気を入れるタイプを選びましょう。

飛行機内で使う首枕の選び方

飛行機内で使う首枕の選び方を紹介します。

商社マンの憂鬱
商社マンの憂鬱
選ぶ際には、携帯性、肌ざわり、安定感など着目すべきポイントが多数あります。
飛行機内で快適に首枕を使用できるよう、首枕選びのポイントをチェックしてみてください。

携帯性を確認する

飛行機用の枕としては、携帯性を確認することが大切です。

飛行機へ手荷物を持ち込む場合は、重量、大きさ、個数を確認する必要があります。
規定の量を超えると追加料金がかかる可能性があるので注意が必要です。
かさばらないよう、携帯性が良いものを選ぶようにしましょう。

通常使用するタイプの枕としては比較的クッション性が高いものが好まれますが、飛行機用としてはかさばるので不向きです。

エアーピロータイプのものであれば、飛行機内で膨らませることができます。
膨らませずに持ち込めばほとんど荷物になりません。

肌ざわりを確認する

枕は直接肌に触れるため、肌触りがとても大切です。
特に長旅の場合は、使用時間が長いため肌触りが良いものが使いやすいです。

エアーピロータイプの枕はビニール製のものもありますが、肌触りがあまりよくありません。
タオル地のものなどが快適に使用できるでしょう。

安定感を確認する

飛行機内で首枕を使用する際は、安定感も重要なポイントです。

首を良い位置に固定できる安定感の良い首枕であれば、長時間の移動でも快適に休むことができます。
安定感がない首枕を使うと、逆に疲れやすくなるので注意が必要です。

 

イモトのWiFi

海外旅行時のポケットWiFiレンタルで特に人気なのがイモトのWiFi です。

イモトのWiFi の特徴は次のとおりです。

  1. WiFi通信費が安い
  2. 複数人でシェアが可能
  3. 安心のテクニカルサポート
  4. 受け取り方法や返却方法が豊富

世界170ヶ国以上で利用でき、渡航場所によって違いがありますが最低1日500MB、680円から使用可能です。
値段が安い上に、受け取りから返却まで複数のパターンが利用できとても便利です。

イモトのWiFi はその人気ゆえ、直前の予約だと在庫切れになる場合もありますので早めの準備をおすすめします。

 

 

飛行機で使う際におすすめの首枕

飛行機で使うのにおすすめの首枕を紹介します。

空気を入れるタイプの首枕であれば、空気の出し入れがスムーズなものを選ぶとストレスが少ないでしょう。
寝顔を隠せるタイプの首枕もあります。

使い心地が良いものを選びたい場合は、折りたたみ可能クッションタイプの首枕を選ぶと良いでしょう。

飛行機内で使う首枕
Metene ネックピロー U型まくら

Metene ネックピロー U型まくら 携帯枕

飛行機内で使用するのであれば膨らませるタイプの首枕がおすすめです。

飛行機内で膨らませる場合は、空気の出し入れが簡単にできる首枕が良いでしょう。

この首枕は口で膨らませるのではなく、空気ポンプで空気を入れるタイプです。
口で膨らませるのが面倒という方にぴったりです。
空気も簡単に抜けるので、飛行機の中で作業が可能です。

使わないときは非常にコンパクトになるので、ポーチの中にも入ります。
肌ざわりも良いので、快適な飛行機での時間が過ごせるでしょう。

飛行機内で使う首枕
NSNLGSGC ネックピロー フード付き

飛行機内で他の人に寝顔を見られたくないという場合は、フード付きの首枕がおすすめです。

顔が隠れるようなフード付きなので、寝顔を隠して熟睡することができます。
特に女性に人気の首枕です。

また、明るすぎて眠れないという場合の光よけにもなります。

飛行機内で使う首枕
Power Of Nature ネックピロー

空気を入れるタイプの首枕は面倒、使い心地の良いクッションタイプが良い、そんな方におすすめの首枕です。

空気を入れるなどの作業はないので、飛行機の中ですぐに使うことができます。
また、安定感があり肌触りが良いのも特徴です。
クッションタイプの中でも特にパワーオブネイチャーの首枕は、素材が肌に優しいタイプになっています。
低反発素材なので、肩、首などに負担がかかりません。

クッションタイプの首枕は飛行機に持ち込む際にかさばるのが心配という方もいますが、この首枕は折りたたみ可能なのでコンパクトに持ち運ぶことができます。

まとめ

飛行機内で快適に過ごすには、自分に合う首枕を選ぶことが大切です。

ぴったりの首枕を選んで使用すれば、長時間のフライトによる肩や首の不調を改善できるかもしれません。

携帯性肌ざわり使い心地安定感など様々な観点から首枕選びをしましょう。

 

(Visited 90 times, 1 visits today)
更に人生を豊かにしたい人へ