ライフ

機内持ち込み用スーツケースの選び方とおすすめ4選

機内持ち込み用スーツケースの選び方とおすすめ4選

機内持ち込み用のスーツケースを探している方がいるのではないでしょうか。
機内に持ち込む場合は、重量制限サイズを気にする必要があります。

 

商社マンの憂鬱
商社マンの憂鬱
機内持ち込みにおすすめのスーツケースをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。
スーツケースレンタル各社の特徴
【アールワイレンタル】


【アールワイレンタル】 の特徴

❶最短即日発送でスーツケースを受け取れる

❷格安なレンタル料金

❸人気ブランドが揃っていて、旅行の用途に合わせたサイズや好みの色を選べる

 

【DMM.com】スーツケースレンタル


【DMM.com】スーツケースレンタルの特徴

❶往復送料無料

❷旅行用品も同時にレンタル可能

❸汚損・破損の保証付きで費用負担なし

 

【エース(ACE)直営スーツケースレンタル】


エースサービスオンラインストアの特徴

❶世界に誇る高品質 信頼のエース製

❷品質チェックは万全、抗菌・消臭で清潔な商品をお届け

❸営業日14時までのご連絡で即日出荷

 

機内持ち込み用スーツケースの選び方

機内にスーツケースを持ち込む場合は、様々な点に注意する必要があります。
重量、サイズなどを気にせずにスーツケース選びをすると持ち込みの際にトラブルが生じる可能性があります。
機内持ち込み用のスーツケースの選び方をご紹介しますので、ぜひ確認してみてください。

サイズや重量を確認する

機内持ち込み用として販売されているスーツケースは多数あります。
しかし、搭乗する飛行機によって持ち込み可能なスーツケースのサイズが異なります。
スーツケースを購入する際はよく利用する航空会社の規定に合わせたものを選択する必要があります。

基本的に国内線の場合は、重さ10kg、容量は20~30L程度が目安となっていますが、座席数によっても異なります。
国内線は座席数が100席未満であれば、高さ45×幅35×奥行き20cm以内/3辺の合計が100cm以内、100席以上であれば高さ55×幅40×奥行き25cm以内/3辺の合計が115cm以内というのが多いですが、事前に確認しておくことが大切です。
大きさにはハンドル、キャスター、ポケットなども含みます。

一方、国際線の場合は、必ず3辺の長さを確認する必要があります。
容量は30~40Lが目安となります。
国際線は、高さ55×幅40×奥行き25cm以内/3辺合計115cm以内10kgまでとなっているケースが多いですが、航空会社によって異なる場合もあります。

格安航空会社を利用する場合は軽めのスーツケースがおすすめ

格安航空会社の場合は、重量制限が厳しくなっています。
7kg以内という規定があるケースもあります。

荷物の重量を考慮すると、スーツケースは2kg以内など軽めのものを選択するのが無難です。

ボディの材質を確認する

スーツケースはボディの材質により、ハードタイプソフトタイプに大きく分けられます。
それぞれメリット、デメリットがありますので特徴を把握して選ぶことが大切です。

ハードタイプのスーツケースは衝撃に強いです。
パソコンなどの精密機器を機内に持ち込む機会が多い場合は、ハードタイプのスーツケースがおすすめです。
特にポリカーボネート素材のスーツケースは、衝撃に強くなっています。
ハードタイプはソフトタイプと比較して重量が大きくなりがちなので、軽めの素材を選ぶことが大切です。

一方、ソフトタイプのスーツケースは軽いものが多いので、重量制限が気になる機内持ち込みにおすすめです。
特に格安航空会社をよく利用する方にとっては使いやすいスーツケースです。
価格もリーズナブルですし、中の荷物の取り出しや整理も楽に感じる方が多いです。
外側にポケットが多く必要なものをすぐに取り出すことができます。
しかし、ソフトタイプのスーツケースはナイフなどで破損させることができるので防犯面では弱くなっています
また、衝撃に弱いためパソコンなどの精密機器を機内に持ち込む場合は注意が必要です。

荷物の取り出しやすさで選ぶ

スーツケースにはフロントドア付きのタイプがあります。
フロントドア付きのスーツケースは荷物を取りだしやすくなっています。
機内で座席の上に置いた手荷物を出し入れするのもスムーズです。

また、荷物量に合わせて用量を調節できるスーツケースもあります。
フロントと両方向からアクセスできるタイプはより便利です。

静音性で選ぶ

静音性を重視するのであれば、キャスター部分に注目する必要があります。

機内に持ち込む場合は深夜や早朝に移動するケースも多いためスーツケースを引くときの音が気になる、段差が多い場所でスーツケースをうまく動かせるか不安という方も多いです。

しかし、静音性に優れているスーツケースは多数あります。

安定走行できるよう、ダブルキャスターを採用したものを選ぶのも良いでしょう。

機内持ち込みにおすすめのスーツケース

機内にスーツケースを持ち込むのであれば、コンパクトサイズで軽めのものがおすすめです。
また、中身が取り出しやすいというのも重要なポイントとなります。

商社マンの憂鬱
商社マンの憂鬱
機内持ち込みにおすすめのスーツケースを紹介しますので、確認してみてください。

機内持ち込みにおすすめのスーツケース➀
アメリカンツーリスター アローナライトスピナー

アメリカンツーリスターのスーツケースは非常にコスパが良いと好評です。

リーズナブルな価格にも関わらず、非常に頑丈なつくりとなっています。
キャスターの動きがスムーズなので、機内に持ち込む際に不便に感じることがありません。
力をあまり入れずに動かすことができます。

耐久性、使いやすさ、価格のバランスが取れたスーツケースなので機内持ち込み用としてぴったりです。

機内持ち込みにおすすめのスーツケース②
サムソナイト コスモライト3.0 スピナー

このスーツケースは信頼性の高いスーツケースブランドであるサムソナイトから販売されています。

軽さが魅力で、機内持ち込みの重量制限が厳しい格安航空会社を利用する場合も使いやすいスーツケースです。
軽さのみならず、耐久性も高いので長期間使用できると好評です。

デザインが圧力を分散できるようになっているので、強い力が加わった際にも安全です。
300kgの負荷試験にもクリアしており、トラックでこのスーツケースの上を走るテストも実施されているようです。

価格は高めにはなりますが、耐久性、軽量さ、使いやすさを考慮するとおすすめのスーツケースです。

機内持ち込みにおすすめのスーツケース➂
ヒデオワカマツ マックスキャビン

ヒデオワカマツ」が販売しているハードタイプのスーツケースです。

名前にマックスキャビンが入っているように、キャビンサイズの最大量となっています。
車輪が取りつけられている部分が本体に埋め込まれているので、42Lというコンパクトな容量になっています。
実際には48Lまで収納することができます。

長期間旅行に行くことが多く、大容量のスーツケースがほしいという方におすすめです。

機内持ち込みにおすすめのスーツケース④
エース パリセイドZ

日本のブランドであるエースが販売しているスーツケースです。

このスーツケースの特徴はハードタイプにも関わらずフロントポケットがついていることです。
フロントポケットにこだわってソフトタイプを選ぶという方が多くいますが、頑丈なハードタイプでフロント付きのスーツケースがほしいという方にぴったりです。
フロントポケットにはパソコンなどを収納できるので、機内でパソコンを使用する方にもおすすめです。

雨や衝撃にも強いので、移動にも便利です。

重さが3.3kgと大きめなので、重量制限には注意する必要があります。

スーツケースは購入もレンタルも可能!

スーツケースを機内に持ち込む際は、注意すべき点が多数あります。

それほど使用頻度多くない場合は、スーツケースをレンタルするというのもありでしょう。

商社マンの憂鬱
商社マンの憂鬱
次におすすめのスーツケースのレンタルサイトを紹介しますので、スーツケースのレンタルを考えている方はチェックしてみてください。
スーツケースレンタル各社の特徴
【アールワイレンタル】


【アールワイレンタル】 の特徴

❶最短即日発送でスーツケースを受け取れる

❷格安なレンタル料金

❸人気ブランドが揃っていて、旅行の用途に合わせたサイズや好みの色を選べる

 

【DMM.com】スーツケースレンタル


【DMM.com】スーツケースレンタルの特徴

❶往復送料無料

❷旅行用品も同時にレンタル可能

❸汚損・破損の保証付きで費用負担なし

 

【エース(ACE)直営スーツケースレンタル】


エースサービスオンラインストアの特徴

❶世界に誇る高品質 信頼のエース製

❷品質チェックは万全、抗菌・消臭で清潔な商品をお届け

❸営業日14時までのご連絡で即日出荷

 

まとめ

スーツケースは旅行の必須アイテムですが、機内に持ち込む際は様々な点を考慮する必要があります。

重量、サイズは非常に重要ですし、機能性や荷物の取り出しやすさも大切なポイントです。

機内持ち込みにぴったりのスーツケースを見つけて快適なフライトにしましょう!

 

(Visited 87 times, 1 visits today)
更に人生を豊かにしたい人へ