ビジネス

【体験談】マネーフォワードクラウドの使い方や特徴を解説!実際に使ってみた感じは?

【体験談】マネーフォワードクラウドの使い方や特徴を解説!実際に使ってみた感じは?

今、経理業務は時間も手間もかかる業務です。

大手企業などでは経理の部署があるため問題ありませんが、創業して間もない企業や個人事業主にとっては経理にかける時間は死活問題とも言えるでしょう。

創業してすぐや、独立してすぐはまだ利益も上がらないため、より本業に集中しなければなりません。

そこで注目されているのがクラウド会計ソフトです。

経理や簿記の知識がない人でも簡単に帳簿を付けることができ、確定申告や書類作成機能まであります。

商社マンの憂鬱
商社マンの憂鬱
今回はクラウド会計ソフトでも人気の高い「マネーフォワードクラウド」について、筆者の体験も含めて解説します。

クラウド会計ソフト「マネーフォワードクラウド」とは

マネーフォワードクラウドは、クラウド会計ソフトのなかでも「freee」や「弥生会計」と並ぶ人気を誇っています。

freeeについて詳しく知りたい方はこちら

【体験談あり】クラウド会計ソフトfreeeの特徴を解説!freeeの無料プランを実際に使ってみた
【体験談あり】クラウド会計ソフトfreeeの特徴を解説!freeeの無料プランを実際に使ってみた創業して間もないとき経営者の方や個人事業主にとってネックになるのが「経理の管理」です。 経営者の方であれば一通り学んでいる可能性も...

 

弥生会計について詳しく知りたい方はこちら

【体験談】クラウド会計ソフト「弥生会計」とは?実際に使ってみた!
【体験談】クラウド会計ソフト「弥生会計」とは?実際に使ってみた!近年、クラウド会計ソフトを導入している企業や個人事業主は増えています。 企業に関しては、創業して間もない企業や中小企業、それに大手...

 

まずはマネーフォワードクラウドを簡単に説明してみましょう。

マネーフォワードクラウドは、経理や簿記の知識のない人でも簡単に収支の管理帳簿や決済書の作成、それに確定申告ができる会計ソフトです。

通常、適切に収支を管理したり、帳簿をつけたりなどする際は、簿記の資格や知識が問われます。

しかし創業して間もない企業の場合はまだ人材が集まっていない可能性があります。

個人事業主の場合は、確定申告をするために一から経理や簿記を学ばなければなりません。

そのような手間を省くことができるのが「マネーフォワードクラウド」なのです。

クラウド会計ソフトのメリットとデメリット

そもそもクラウド会計ソフトとは何なのかと疑問に思う人もいることでしょう。

以前から、インストール型の会計ソフトはありました。

パソコンにソフトをインストールして利用するものでしたが、クラウド型の場合はインターネットを介して会計ソフトを利用します。

どこが違うのかを簡単に説明するために、インストール型の会計ソフトと比較した際のクラウド会計ソフトのメリットとデメリットをまとめました。

クラウド会計ソフトのメリット(インストール型の会計ソフトと比較)

  1. バージョンアップをする必要がなく、バージョンアップにお金もかからない。
  2. スマートフォンやタブレットからでもアクセスでき、どこからでも収支などを確認できる。
  3. 銀行口座やクレジットカードとの連携ができ、経費を手動で入力する手間が省ける。
  4. 確定申告を自宅からできる。
  5. サポートが充実しており、メールや電話だけでなく、チャットからでも疑問点を問い合わせられる。

クラウド会計ソフトのデメリット(インストール型の会計ソフトと比較)

  1. インストール型と比べるとセキュリティが弱い。
  2. Wi-Fiや電波のないところでは利用できない。

 

人によって重視するポイントは変わることでしょう。

しかし、総じてクラウド会計ソフトは非常に利便性が高いと言えます。

何より、細かい経費の入力作業などの手間のかかる仕事を削減でき、専門的な知識がなくとも確定申告などができるのは魅力と言えるでしょう。

インストール型の場合はソフトを通じて、ウィルスに感染することはありません。

その点に関して言えばクラウド型の場合、感染する可能性はあります。

しかしマネーフォワードクラウドのような大手の場合はセキュリティ対策にも力を入れています。

そういった点も評価されて、マネーフォワードクラウドは中小企業や大手企業でも導入され、人件費のカットにも貢献しているのです。

ちなみにマネーフォワードクラウドを制作した株式会社マネーフォワードは、家計簿アプリなどの様々なサービスを展開しています。

サービスの多くはお金に関するものであるため、実績やノウハウを鑑みても十分に信頼できると言えるでしょう。

早速無料登録へ進む!

 

「マネーフォワードクラウド」の特徴3選

マネーフォワードクラウドがどういったサービスなのか、そしてクラウド会計ソフトのメリットとデメリットを紹介しました。

では次に、マネーフォワードクラウドの特徴を3つ紹介していきます。

様々なサービスと連携した高い利便性

マネーフォワードクラウドの提携サービス数は、クラウド会計ソフトのなかでもトップクラスです。

クラウド会計ソフトのメリットの一つが「銀行口座やクレジットカードとの連携による経費入力の削減」です。

しかし、そもそもソフトと外部のサービスが提携していなければ、自動入力の機能を利用できません。

この点においてマネーフォワードクラウドは、提携サービスが多いため、どのようなサービスを利用していても安心と言えます。

外部サービスと連携させておくことで、外部サービスからのデータは自動的にマネーフォワードクラウドに取り込まれす。

会計業務のなかでも「経費などの入力」は手間がかかるうえ、漏れがあったり、重複があったりなどします。

しかし事前に連携させておけば、お金の動きが生じた際にすぐ記録されるため、漏れや重複の心配はありません。

個人事業主にとっても嬉しい特徴ですが、特に中小企業や大手企業など従業員を多く抱え、入力業務に時間をかけている経理担当には嬉しいと言えるでしょう。

マネーフォワードクラウドの提携サービスはクラウドソーシングや決済、Eコマース、そして他のクラウドソフトなど広い領域にわたります。

クラウド会計ソフトはネットを経由することが強みであるため、提携サービスが多いマネーフォワードクラウドは利便性が非常に高いのです。

以下はマネーフォワードクラウドが提携しているサービスの例です。

  • CrowdWorkds(クラウドソーシング)
  • Lancers(クラウドソーシング)
  • Square(クレジットカード決済)
  • Coiney(電子マネー)
  • 楽天スマートペイ(電子マネー)
  • EC-Orange POS(POS決済)
  • AirREGI(POS決済)
  • BASE(EC)
  • A8.net(アフィリエイト)

銀行も大手銀行だけではなく地方銀行や信用金庫、それにネットバンクなど規模に関わらず提携を行っています。

商社マンの憂鬱
商社マンの憂鬱
もしも自分が使っているサービスと提携しているのか不安な人は、事前に確認してからマネーフォワードクラウドを使用し始めるのが良いでしょう。

徹底されたセキュリティ

クラウド会計ソフトが便利だから取り入れたいと思っている人が、ためらう理由の一つが「セキュリティへの不安」です。

自社の収支や経理の情報が詰まっているうえ、銀行口座やクレジットカードの情報ともマネーフォワードクラウドは連携できます。

更に、請求書なども作成できるため、作成の際には取引先の情報も登録することになります。
そのためクラウド会計ソフトの導入を考えている人も、万が一の事態を考えて踏み出せないのです。

しかし、マネーフォワードクラウドに関しては徹底してセキュリティの安全性を高めています。

マネーフォワードクラウドはTRUSTeという、事業者がユーザーの個人情報保護やプライバシー保護を適切に行っていることを認めた認証を保持しています。

これはアメリカで生まれた制度であり、今ではグローバルスタンダートと言えるものです。

他にも、日本工業規格JIS Q 15001を取得しており、情報の保護については徹底していると言えるでしょう。

またマネーフォワードクラウドはユーザーから預かった情報は全て暗号化して保存しており、データの保護は金融機関と同等の水準で行っているとされています。
自社の重要な情報だけでなく、取引先の情報などもあるからこそ、マネーフォワードクラウドではデータの保護を徹底しているのです。

丁寧なカスタマーサポート

マネーフォワードクラウドでは「メール」「チャット」「電話」での問い合わせに対応しています。

チャットは平日10時30分から17時まで、電話もチャットと同様の時間で対応しています。

カスタマーサポートではソフトの使い方はもちろん、経理や確定申告についても聞けるのです。

インストール型やクラウド型を問わず、会計ソフトは慣れるまでに時間がかかります。

マネーフォワードクラウドは直感的に使える画面のため、あまり時間がかからないことでしょう。

しかし使い始めた頃は実際にどう使うのか、経理の知識がないと少し難しいです。

マネーフォワードクラウドはチャットで問い合わせをしても、対応時間内であればすぐに返信がきます。

また画面を見ながら、操作上の細かい不明点も聞きたい人は電話での問い合わせが良いでしょう。

他にも、経理や会計のこと、そして確定申告の方法などもカスタマーサポートから問い合わせできます。
全く経理や会計の知識がない人でも安心して使えるようになっているのです。

「マネーフォワードクラウド」を実際に使ってみた

商社マンの憂鬱
商社マンの憂鬱
ここでは筆者が実際にマネーフォワードクラウドを使ってみた際の使用感などを紹介していきます。

まずは料金プランを選びますが、プランは法人向け個人事業主向けで異なります。

法人向けの場合「スモールビジネス(月額3,980円)」「ビジネス(月額5,980円)」「エンタープライズ(料金は問い合わせる)」です。

個人事業主向けの場合「パーソナルライト(月額1,280円)」「パーソナル(月額2,480円)」「パーソナルプラス(2,980円)」です。

プランによって利用できる機能やサポート内容が異なります。

アカウント作成後、まずは銀行口座やクレジットカードの登録を行います。

連携させたいサービスは検索もでき、カテゴリーから探すことも可能です。

カテゴリーを見ると、改めて提携サービスの多さに筆者は驚かされました。

よほどまだ知られていないサービスを利用していない限りは安心です。

ちなみにクレジットカードを登録する際に、ユーザIDとパスワードを入力する画面がでます。

次に、今までエクセルで管理していたデータをマネーフォワードクラウドに移していきます

筆者は初めてクラウド会計を利用しますが、見やすく何を入力すれば良いのか非常にわかりやすい画面に安心感を覚えます。

ただし使っていくなかで、仕訳の科目が正しいかどうかを調べる時間などは多少かかりました。
一度設定を終えれば、その後は自動的に仕訳がされるため時間を取られることはありません。

不明な部分があるときは、画面右下にある「オンライン・チャット対応」からいつでも不明点を尋ねられます。

それもあり終始不安なく操作し続けられました。

早速無料登録へ進む!

次にスマホのカメラ機能を使って領収書の読み込みと登録を行いました。

写真を読み込んだ後は、「日付」と「金額」を入力するのみ。

今まで月末にまとめて入力していたことを考えると、領収書をもらったその場で登録できるのは非常に便利に感じました。

このように手軽に、かつこまめに登録しておけば、月末に登録・入力…といった単調な作業に苦しむことはありません。

その他にもキャッシュフローレポートの作成や決算書の作成などの機能もあります。

経理や会計の知識がない人も使いやすい操作画面、提携サービスの多さ、一度登録した後の自動仕訳、スマートフォンを使った領収書の登録など
とにかく効率的で、直感的な使いやすさがマネーフォワードクラウドを使ってみた印象です。

ただし一つ難点があるとしたら、マネーフォワードクラウドの一部である「マネーフォワードクラウド確定申告」がスマートフォンの画面に対応していないことです。
対応するアプリもないため、スマートフォンから操作しようとすると非常に使いづらいと言えます。

今回はたまたま出先から思い出し使ってみた結果、使いづらさがわかりましたが、普段は確定申告の業務は家で行います。

出先から確定申告のことをスマートフォンで行う人は少ないでしょう。

そのため、筆者からするとマネーフォワードクラウドは全体的に非常に好印象でした。

まとめ

経理や会計は知識のある人、すでに経験済みで慣れている人にとっても時間のかかる業務です。

そのため経験のない人、独立したばかりの個人事業主の人にとっては更に時間も手間も

かかる作業です。

導入した最初は、仕訳の科目や銀行口座の登録などの初期設定に時間がかかるでしょう。

しかし初期設定が終われば、あとは多くの作業が自動化されます

わかりやすいデザインで簡単に業務ができて、かつ不明点はすぐにチャットで尋ねられます。

会社にも、そして個人事業主にも絶対に必要となる経理や会計の業務。

そこに割く手間や時間を節約して、もっと違う仕事に使いたいという人に、ぜひともおすすめしたいのがクラウド会計ソフト「マネーフォワードクラウド」です。

無料登録へ進む!

 

(Visited 410 times, 1 visits today)
更に人生を豊かにしたい人へ